腸からくる腰痛の仕組み

座り仕事の方や、たち仕事で前かがみの姿勢の方…

そういった方に多いのが腸が原因の腰痛です。

当サロンには腸の整体「腸もみ」というメニューがあるので、

腸由来の腰痛は「腸もみ」にて改善させてゆきます。

 

どういった仕組みなのかというと、

生理学の話にはなりますが

がんばって図を描いてみたので図で説明します!

 

関連痛の説明

 

 

腸にある痛みを感じる神経の信号と

皮膚などの表面で痛みを感じる信号が同じ経路を通って

脊髄に入っていきます。

その際、脊髄内で2つの情報源があることになり

情報の混在が起こります。

つまり、腸からの信号が皮膚など体表面からの信号と間違えられて

痛みとして感じてしまうのです。

 

この勘違いによって腸が悪いのに腰の筋肉への腰痛が起こります。

この現象を、関連痛または内臓-体性反射といいます。

 

かなり大雑把な説明ですみません…

 

逆の方法では、鍼灸師や指圧師は身体表面を刺激し

その信号が脊髄を通り腸への信号と混在し

腸の痛みと勘違いを起こさせ働きを活発にし

お腹の調子を改善させていってるのだろうと考えられます。

 

文章だとやっぱ伝えにくいですね…(^^;)

梅田の整体・首や背中の痛み、肩こり腰痛の改善なら

梅田の整体・首や背中の痛み、腰痛にお悩みなら|トータルバランスover

住所:
大阪市北区梅田1-2-2
大阪駅前第二ビル地下1階フロア東側

最寄り駅:
北新地駅より徒歩2分 
梅田駅より徒歩7分
東梅田駅より徒歩7分
西梅田駅より徒歩5分
大阪駅より徒歩7分



詳しくはこちら
06-6345-5116メールでお問合せ
06-6345-5116メールでお問合せ