ケイ素の効果について

ケイ素はカルシウムより骨を強くする

大腿骨頸部は骨折しやすい
米英共同の研究で行われた「フラミンガム子孫研究」によって、ケイ素はカルシウムよりも骨を強くするということが追跡調査によってわかりました。

日経メディカルにも載っています。

ケイ素というのは聞きなれない栄養素ですが、人体に必要不可欠な栄養素です。肌や爪や髪、内臓にいたるまで、ケイ素は全ての器官に必要となります。
フラミンガム子孫研究では同一地域に住む人を対象として、4つのグループにわけて追跡調査をしました。
すると、ケイ素を多く摂取するグループの股関節にある大腿骨のくびれた部分(大腿骨頸)が10%骨密度が高いということがわかりました。

この骨密度というのは、別の研究でお肌のシワと関係してきます。

顔のシワと骨密度に関係性がある

シワは骨密度と関係する
アメリカのエール大学の研究チームによって、女性の肌と骨のタンパク質レベルには関連性があることがわかりました。
皮膚の構造も骨の構造もタンパク質が必要なので、当然比例してきます。
AFP BB NEWS「女性の顔のしわと骨密度に関連性、米研究」

顔を一目見ただけで骨密度の低下を予測し骨折のリスクがわかるので、そういった意味で意義のある研究だったそう。

 

骨密度と関係のある「ケイ素」には3種類ある

ケイ素には3種類あります。
・鉱物から抽出したケイ素
・珪藻から抽出したケイ素
・植物から抽出したケイ素

これらはそれぞれ特徴があります。

鉱物から抽出したケイ素

ケイ素は地球上にたくさんありますが、鉱物にもケイ素が含まれています。ケイ素が結晶化してできた鉱物が水晶(石英)。ガラスの原料などにも使われています。この鉱物から抽出し、毒素をなくしたものが鉱物性のケイ素です。

珪藻から抽出したケイ素

動植物の死骸が積み重なり石灰化したものに含まれます。不溶性のシリカ(ケイ素)が原料です。ミネラルウォーターにも含まれています。

植物から抽出したケイ素

土中のケイ素を植物の根っこから分泌される成分によって溶かして吸収し、稲穂に蓄積したものです。ミネラルなどの栄養成分も豊富なものです。

身体との相性がいいのは植物性のケイ素

植物性のケイ素は吸収率が高く、様々なミネラルも含まれます。マグネシウムも含まれているので便通に影響するかどうかも気になるところです。

ケイ素で糖尿病改善の臨床結果

赤坂AAクリニックの院長 森吉臣先生がケイ素でのヒト臨床試験をおこないました。

▪被験者
被験者数:男性61名、女性39名 合計100名
年齢   : 31歳?81歳
糖尿病羅病期間:2ヶ月?26年
糖尿病合併症:冠状動脈疾患29例、高血圧23例、脳血管疾患22例、腎臓病8例、末梢神経病変7例
被験者の選択:空腹時血糖値 120mg/dl以上、食後2時間経過後180mg/dlを対象

▪試験方法
それまでの糖尿病治療を継続し、生活習慣も不変として8習慣継続観察した
・投与方法:100例を2群に分けて投与
第一群   :起床時、朝、昼、夜の食感空腹時、就寝前1.5cc~1.75cc+200ccの水
第二群   :同上              3.0cc~3.5cc+200ccの水

▪観察項目
・自覚症状、副作用などのカルテ記入
・試験前と試験後に肝機能、腎臓機能、グリコヘモグロビン(HbA1c)血糖値を測定
静脈空腹血糖値を2週間毎、尿酸値を3日毎に測定

▪結果
静脈血糖値        : 服用前187.61→服用後140.38
糖化ヘモグロビン: 8.785→7.077

▪100例糖尿病患者の治療効果分析
・顕著な効果あり:症例数24
・効果あり          :症例数62
・効果なし         :症例数14

これらの結果にて、顕著な効果ありと効果ありを含めると86%に効果があり、14%に効果がなかったということになります。

さらに詳しくはこちら

http://credit-group.org/rinsyou.html

 

ケイ素は万能?

ケイ素がどんな人に良いのかがまだわかっていないので、どんな人にでもオススメというわけにはいきません。
研究がまだまだ少ないのが現状です。なので、ケイ素が良いかどうかは人それぞれ飲んでみないとわからないということになります。
ケイ素を飲むのとケイ素を薄めて塗布することで1ヶ月ほどでアトピーが改善した例も教えてもらいましたが、全員が改善する根拠はないので希望は持てるけどオススメするかというと難しいところです。
当サロンで販売しているものは植物性ケイ素で糖尿病にも特化されているのでいろんな意味で良いですが、もしアトピーなどお肌が気になる方や体調面がすぐれなくてケイ素を飲んでみたい方は手頃な価格帯の「植物性ケイ素」をお近くで探して試してみるのもいいかもしれないですね。通販でも購入できるのでアマゾンなどで検索するといいかもしれません。

 

念のため、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の「健康食品の安全性・有効性情報」というサイトの中でケイ素についてのことが書かれてるページがあるのでそちらもみてみてください。載ってるデータが古いかもですが念のため読んだ方がいいと思います。https://hfnet.nibiohn.go.jp/

ケイ素には種類があり、植物性とは書いてなのでどのケイ素のことかわからないですが、とりあえず骨粗鬆症には良いという結果になっています。

 

ケイ素で結石が発生

論文検索CiNiiというサイトがあります。

そのサイトでケイ素(シリカ)について調べると、良いことも悪いことも論文としてあります。

ただ、植物性のことを言ってるのか鉱物性なのか判断がつきません。

気になるのが「鹿児島県で多発するイヌのシリカ結石についての報告」です。

水道水に含まれるシリカ(ケイ素)の量が多く、その水道水を飲んだイヌが結石にかかりやすいとのこと。ヒトへの影響はあまりないようですが、イヌに影響があるのならシリカ(ケイ素)も少なからずヒトへの影響も考える必要があります。水道水のケイ素が植物性だったのかどうかはわかりません。

当サロンに置いてるのは植物性ケイ素


当サロンでは、植物性ケイ素が不足してそうな方やケイ素が必要な方が気軽に家ですぐ飲めるようにケイ素のシリカ水溶液を置いています。ライスシリカ・プレミアム 100%植物性ケイ素(シリカ)濃縮液 500ml(画像と同じケイ素のシリカ水溶液。画像をクリックするとアマゾンへ飛びます)

当サロンで販売しているケイ素は、医師の監修によって糖尿病に特化されているのでケイ素の他にも「田七人参」と「イノシトール」が含まれています。

▪「田七人参」とは?
田七人参に含まれるサポニンは、血液から筋肉への糖の取り込み量を増加させ、高血糖を抑制する作用に加え、空腹時血糖値にも効果があることが様々な試験によって証明された。
収穫されるまでに3?7年かかり、近代になるまで中国では輸出が禁止されていた。

▪「イノシトール」とは?
「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれ、脂肪の流れを良くして血管や肝臓に余分な脂肪が蓄積しないようにコントロールする働きを担う。

 

実際にクリニックでも出されているものです。

営業はかけたくないので、購入したい方はおっしゃってくださいね。500mlで2万円です。
量は1日にたくさん飲むものではないので、500mlで約1ヶ月分となります。

 

 

06-6345-5116メールでお問合せ
06-6345-5116メールでお問合せ

   住所:
   大阪市北区梅田1-2-2大阪駅前第二ビル地下1階フロア東側
   最寄り駅:
   北新地駅より徒歩2分 大阪駅より徒歩7分 梅田駅より徒歩7分

詳しくはこちら
TOPへ