自分を誇りたくなるほどの技術を身に付けて独立開業する

腸もみセミナー

 

大地震が起きたり、新型コロナなどの感染症が流行したり、

世界情勢の悪化による不景気が起きたりすると突然仕事が無くなることがあります。

中でも、新型コロナによる「不要不急の外出」という外出自粛要請によって

業種によっては「不要な存在」というレッテルが政府と世間に貼られることとなりました。

 

なんのために生きているのか?

なんのために存在しているのか?

 

ある分野で知識や技術を身に付けて

困っている人の役に立つことで

自分自身に誇りを持ち、自分自身の存在価値が生まれます。

 

 

僕が高校生のころ、世間は不況の真っ只中でした。

地元での若年層の失業率は10%以上。

不景気すぎて仕事がなく、あっても手取りの低いものばかり。

かろうじて就職できたとしても景気に左右されて失業する可能性があります。

地震や超大型台風などの災害が起きても仕事を失います。

イラク戦争が始まったばかりで米軍基地が近かったので

テロや戦争が起きたら仕事を失うかもしれないことも考えていました。

 

そこで当時の僕はおもいつきました。

「仕事以外でも友人や親戚などの人の役に立てる技術を身につけよう」と。

「できれば道具が必要ない、素手でできる仕事がいい。」

そしたら、いつでもどこへ行ってもどんな時代になっても、人の役に立つことができます。

今現在、まさに実現できています。

あのころ思っていた以上に、人の役に立っていることを実感しています。

 

日本全国から施術を受けにきてくれるようになりました。

とくに、胃もたれ(機能性ディスペプシア)や腹部膨満感(過敏性腸症候群)に悩む人たちを改善していっています。

日本だけではなく、世界的にも珍しい腸の施術でちゃんと改善できる技術だと自負しています。

 

あえて「腸の整体 腸もみ」という認知されやすいフランクなネーミングにしています。

解剖学的に内臓の構造にアプローチして肩こりや背部痛や腰痛を改善させる技術を開発し

さらに発展させて内臓の機能を考えることで胃もたれや腹部膨満感や慢性的な下痢などを改善できるようになりました。

「内臓整体」という名称に一旦して、その胃腸の施術に特化したものを「腸の整体 腸もみ」としてスタッフに教育していきました。

正直ネーミングは認知されやすくて施術を受けたくなるハードルが低くなればいいと思っていたので

今後名称変更を気軽にやるかもしれません。

 

肩こりや腰痛が改善するのと同時に、胃腸の調子も良くなる技術なので

喜んでくれる人がたくさんいます。

 

ただ、胃腸に不調がない人にとっては全く無駄な技術です。

熱が無い人が解熱剤を服用しても何も変わらないのと同じように、施術をする意味がありません。

しかも、肩こりや腰痛の原因は筋肉や骨格や血流の問題など様々です。

 

そこでカウンセリングが必要となります。

内臓が原因の肩こりや腰痛なのか?それをカウンセリングで判断することができます。

胃腸などが原因で身体が痛くなる場所はハッキリしているのでわかりやすいです。

 

さらに内科的なカウンセリングによって施術をしてはいけない人がわかるようになります。

安全性と有効性を高めることで腸の施術はしっかりと胃腸の悩みを解決することができるようになりました。

世界にはいろんなテクニックがありますが、胃や腸の調子を整える技術はトップクラスになるかと思います。

 

しかし、新型コロナの影響で日本全国から来ていた人たちが来れなくなってしまいました。

独立開業したい人がいれば技術を修得して、誇りを持ってそれぞれの地域で

たくさんの胃腸に悩む人たちを救っていって欲しいです。

 

セミナーは理解しやすいように組み立てているのでスムーズに覚えられます。

しっかりした技術を身に付けてもらうためにフォローアップや試験もあります。

 

独立開業は難しそうなイメージがあるかもしれませんが

開業している同業者はみんな自分自身に誇りを持ってイキイキとしています。

とくに腸の施術方法をマスターした人は、貢献している実感を得て輝いています。

 

たくさんの人にセミナーに参加してもらいたいわけではなく、

「人の役に立ちたい」と考えている人が参加して欲しいと思っています。

「腸もみ人気に乗っかればお金が儲かる!」「時短施術でぼろ儲け!」

と考えて技術を学びに来る人とは正直、気が合わないです。

売り上げを上げて利益を増大させることは自営業としての責任ですが、

顧客をカモのように扱う施術者は本気で苦手です。

そもそも、相手のことを考えて施術しないといけないのに

お金のことだけ考えている人は「やり方」に固執して流れ作業化しようとするので

施術が危険だし効果も出にくくなります。

 

心ある人だけが腸の施術をマスターして

しっかりと胃腸に悩む人を救っていって欲しいと願っています。

 

近江商人の「三方良し」という言葉が好きなんです。

「売り手によし、買い手によし、世間によし」

つまり、

施術者は誇り高く仕事をして

施術を受ける人は胃腸の問題が解決して日常生活が楽になり

胃腸の悩みが解決した人たちが社会でまた活躍していく。

 

この流れを一緒に作っていきたいです。

「腸もみ」ができるようになるだけで自分自身と周りに良い変化がやってきます。

それを実感して欲しいです。

 

 

実際に開業したらどのくらいの収入になるのか?

順調に経営して1日8人施術するとして、
単価6000円
週2日休み
家賃10万
広告費8万
電話ネット代2万
水道光熱費5000円
雑費や維持管理費消耗品など3万
と考えれば、
売上見込み100万円。
利益は経費を引いた分の
765000円ほどとなります。
なお、台風や大雨でキャンセルが増えたり
今回のコロナのように外出自粛を呼び掛けられたり
手技療法などの分野で事故が起きて大々的にメディアが報じたりすると
集客は減ります。
そして
1日何時間働きたいか?
休みは何日欲しいか?
事業ローンを借りて開業するのか?
税理士をつけるか?
スタッフを雇うか?
などで売上が変わってきます。
参考にしてみてくださいね。

梅田の整体・首や背中の痛み、肩こり腰痛の改善なら

梅田の整体・首や背中の痛み、腰痛にお悩みなら|トータルバランスover

住所:
大阪市北区梅田1-2-2
大阪駅前第二ビル地下1階フロア東側

最寄り駅:
北新地駅より徒歩2分 
梅田駅より徒歩7分
東梅田駅より徒歩7分
西梅田駅より徒歩5分
大阪駅より徒歩7分



詳しくはこちら
06-6345-5116メールでお問合せ
06-6345-5116メールでお問合せ