慢性便秘の種類について

女性にとって便秘は大きな悩みのタネです。便秘を放置していると、排泄のトラブルはもちろん、腹痛や体臭、肌荒れ、倦怠感、不眠など、身体全身にトラブルが生じる可能性があります。辛い便秘の症状から逃れるために、自分で腸もみ腸マッサージを行っている方もいらっしゃるでしょう。慢性便秘の種類を知り、自分がどの便秘のタイプかをチェックしてみてください。

弛緩性便秘

弛緩性便秘は日本人に最も多いタイプで、大腸の蠕動(ぜんどう)運動や筋力の低下が原因で起こります。
蠕動運動が正常に活動すると、便を肛門側へ押しやり、排出しようと働いてくれるのです。スムーズに排便を行うためには、この運動が必要不可欠です。

しかし、大腸を動かす筋肉がゆるんでしまうと、蠕動運動が上手く行われないため、大腸内に便が長く滞在してしまいます。弛緩性便秘を引き起こす具体的な原因として、加齢による内臓下垂、過度のダイエット、水分不足などがあります。腹筋の弱い高齢者や女性、運動不足の男性は、弛緩性便秘の可能性大です。

痙攣性便秘

痙攣性便秘は、大腸の運動が強すぎることで痙攣が生じ、便の通過を妨げてしまうことが原因で起こります。
ストレスから発生しやすいのが特徴で、自律神経の乱れによって腸の運動機能が低下するため、便が上手く運ばれない状況になります。便秘と下痢を交互に繰り返し起こりやすく、下腹部の痛みを伴う場合が多いようです。精神性ストレスの他にも、過敏性大腸炎、下剤や便秘薬の過剰使用、食物繊維の摂りすぎなどがあります。

直腸性便秘

直腸性便秘は、直腸付近で停滞している便秘のことを言います。便が大腸から直腸に到達しても、便意が起きず、蠕動運動が始まらない厄介な便秘です。直腸の腸管は大腸よりも太いことから、溜まる便も太くなり激しい腹痛を繰り返す傾向にあります。また、太くて硬い便を排出しようとすることで、切れ痔を発症してしまうことも多いのです。

直腸性便秘は、慢性化しやすいので、トイレに行くことを我慢したり、痔のために排便を抑えたり、下剤に頼ることはなるべく避けましょう。

腸内に便が溜まると、悪玉菌が増加し有毒なガスが生じます。そのガスの一部は、腸壁から血流にのって全身に運ばれ、体中に毒素が回り倦怠感や気分の悪さ、体の重ダルさが出てしまうこともあるのです。そんな厄介な便秘で、日々お疲れモードになっている腸を、腸もみでリフレッシュさせませんか?腸もみによってリラックスした腸は、本来の機能を取り戻しやすくなり、スムーズな老廃物の排出を可能としてくれます。

梅田にある当店では、身体全体の様々な悩みや不安に対応した施術を行っています。
一時的な痛みの改善だけではなく、不調の原因を根本から探り、一人一人の症状に適した施術を提供するために、スタッフ一同全力を尽くしています。安心して通うことができる整体院を梅田でお探しの方は、ぜひ当店にご相談ください。

 

 

06-6345-5116メールでお問合せ
06-6345-5116メールでお問合せ

   住所:
   大阪市北区梅田1-2-2大阪駅前第二ビル地下1階フロア東側
   最寄り駅:
   北新地駅より徒歩2分 大阪駅より徒歩7分 梅田駅より徒歩7分

詳しくはこちら
TOPへ