坐骨神経痛について

腰痛にも色々あり、腰に原因があっても足全体が痛くなる場合もあり、ひとまとめにできるものではありません。その中でも様々な筋肉が神経を圧迫することによって起こる痛みがあり、その代表的なものとして坐骨神経痛があげられます。ここではその坐骨神経痛に関してご紹介いたします。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛と呼ばれる症状は、筋肉の圧迫や何らかの影響により坐骨神経が刺激を受けて、足全体の様々な部分がしびれたり痛みがある状態を意味します。腰から足先まで続く坐骨神経はとても長いので、どこの部分がどのような影響を受けているかは人それぞれで、その症状も様々です。

椎間板が飛び出してしまう椎間板ヘルニアの場合は、その椎間板が坐骨神経の根本を圧迫しそれによって痛みが生じます。梨状筋性坐骨神経痛の場合は、梨状筋というお尻の筋肉が仕事やスポーツによって疲労すると、その下を通っている坐骨神経を圧迫されることによって痛みが生じます。

症状と原因

お尻から太もも、ふくらはぎ、足先までの各部分もしくは全体がしびれたり、強い痛みを感じたりします。少し歩くと痛みのために歩けなくなったり、いつもお尻がしびれていたり、時には排尿や排便の障害も引き起こします。痛くなると座るのが苦痛で、前にかがんだり身体を反らしたりすることもできなくなります。

また、立ったままの姿勢を維持できないほどの筋力低下などの症状もあります。
そういった神経痛の原因は、梨状筋というお尻の筋肉の血行不良、骨盤が前方へズレすぎた反り腰の状態、直腸付近の緊張が挙げられます。血流を良くし改善を図ることはもちろん、骨格のズレの影響なら矯正で改善し、内臓が原因なら内臓へのアプローチをする整体で改善していくことが可能です。

当店は整体だけでなく、カイロプラクティックやオステオパシーなどを取り入れた施術で、問題を根本からアプローチしていきます。急な腰痛でお困りの方の当日予約も受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。女性の施術者もおりますので、女性でも安心して施術を受けられるのでおすすめいたします。梅田にありますので交通も便利です。


06-6345-5116メールでお問合せ
06-6345-5116メールでお問合せ

   住所:
   大阪市北区梅田1-2-2大阪駅前第二ビル地下1階フロア東側
   最寄り駅:
   北新地駅より徒歩2分 大阪駅より徒歩7分 梅田駅より徒歩7分

詳しくはこちら
TOPへ