腸の整体

【腸の整体】?腸もみ

腸の整体は腸揉みや腸マッサージとも呼ばれます
便秘には腸のマッサージが良いと最近よく言われるようにやっとなりましたね。
便秘以外にも、下痢や腹部膨満感のガス、胃もたれにも腸の整体「腸もみ」が適しています。
緊張した腸をほぐし、腸の癒着を剥がし、腸が伸び縮みしやすいように整えていくと
腸の血流が良くなっていき、腸の動きが良くなっていきます。
そうすると腸の内側の粘膜とくっついた滞留便や老廃物も排泄しやすくなり免疫も改善
ぐっすり眠れるようにもなるので代謝が上がっていきやすくなります。
腸の施術は腸筋層反射(スターリングの腸の法則)を利用しておこないます。
腸が原因の身体の痛み「関連痛」は、首痛や肩こりや腰痛を引き起こします。
腸の調子を整え、そして腸が原因の身体の痛みも改善していきます。

 

※腸筋層反射(スターリングの腸の法則)
腸が伸展すると、口側の腸管が収縮し肛門側の腸管が弛緩する反射。この反射によって腸管内の内容物を運ぶことができる。

腸が原因の肩こりや腰痛もある

腸の関連痛の部位腸揉みの効果

内臓が原因の身体の痛みを「関連痛」といいます。
当サロンでは、腸が腰痛や肩こりなどの身体の痛みを引き起こす場所を見つけていきました。
それが上の身体に色が塗られている図。その場所は、腸が原因で身体に痛みが起こります。
腸を施術することによって、肩こりや腰痛が改善されることも多いので腸のケアは大切です。

腸の症状の原因によって、腸もみのやり方が変わる

腸の施術をするといっても、症状によってアプローチの仕方が変わります。

例えば

・子供のころからある慢性の便秘
腸管(平滑筋)の筋力が低下し、腸が伸び縮みする能力が低いので、伸び縮みしやすいように施術していく。
腸には腸筋層反射(スターリングの腸の法則)があり、その反射が低下していることもあるので反射が促進されるように施術していく。

・腸がガスで張る腹部膨満感
腸の粘膜に滞留物がくっついて腸内細菌がそこで繁殖しているかもしれないので、伝播性胃腸運動群が起こるように施術していく。
伝播性胃腸運動群は、腸管の内側をクリーニングする作用があるので増えすぎた腸内細菌や食べカスなどを洗い流す作用がある。

・病気ではないけど下痢が続く
腸で水分を吸収できてないので、腸の中でもとくに小腸を集中的に施術していく。
水分を一番吸収するのは小腸。
小腸の水分吸収は一日に約7リットル。
大腸の水分の吸収は一日に約2リットル。

小腸が6リットルしか吸収できなかった場合、大腸に3リットルの水分がきても大腸は2リットルしか吸収できないので
残りの1リットルは下痢として排出することになる。
そのため、小腸に集中的に施術する必要がある。

これらは一部の症状と原因のことです。
他にもいろいろあるので、問診と検査で原因を探し、アプローチしていきます。

 

さらに詳しくはこちら

 

06-6345-5116メールでお問合せ
06-6345-5116メールでお問合せ

   住所:
   大阪市北区梅田1-2-2大阪駅前第二ビル地下1階フロア東側
   最寄り駅:
   北新地駅より徒歩2分 大阪駅より徒歩7分 梅田駅より徒歩7分

詳しくはこちら
TOPへ