急性腰痛と慢性腰痛の違いについて

多くの日本人が肩こりに次いで悩む腰痛には、急性腰痛と慢性腰痛に分かれるのをご存じでしょうか。こちらでは、この2種類の腰痛の特徴について紹介いたします。

急性腰痛

分かりやすい例がぎっくり腰で、動けなくなるほどの強烈な痛みを感じますが、横になって身体を動かさずに安静にしているだけでも人によっては日ごとに痛みが和らいでいくこともあります。

また、尿路結石や水腎症、急性膵炎などの内科的な疾患でもぎっくり腰のような急性腰痛が起こる場合があるので急性腰痛が起こったときは病院を受診しておくと安心です。内科的な疾患ではなく整形外科でも原因不明と言われた場合は整体の矯正で改善している例が多くあるため、整体を受けてみることをおすすめします。
ちなみに、ぎっくり腰の85%は原因が特定できずに”非特異的腰痛”と呼ばれています。
長くても1ヶ月程すれば、急性腰痛のほとんどは治まりますが、再び激痛に襲われないためにも整体で予防していくことが大切です。

慢性腰痛

大きな痛みを感じることは少なく、ジンジン、ズキズキ、ジーンなどの身体全体に響くような痛みや、鈍くて重苦しい痛みが1ヶ月以上続いたら慢性腰痛と言えます。痛みが治まったり、強くなったりと、長期にわたって痛みがダラダラと続く厄介な腰痛です。人により症状も様々で、いつのまにか痛みを伴っているため、気付いたら腰痛持ちになっていたというケースも少なくありません。

腰痛のきっかけや、痛みがいつ始まったのかを明確にできないことも慢性腰痛の特徴です。
急性腰痛と違い、仕事や家庭での作業での姿勢や環境が原因となるので、作業環境が変われば自然に改善することもありますが実際は仕事を辞めるとか家事をしないということは現実的ではありません。処置をせずに放置しておくと、腰椎の変形やストレスなどを伴う可能性があり、症状がさらに悪化することもあるので、ひどくなる前に早めに整体での改善をしていくことが必要です。

高熱が出ていたり、安静にしていても腰痛がある場合は内科的疾患の可能性もあるので病院を受診することが必要です。

荷物を持とうとしてギックリ腰になったり、しゃがんでから立ち上がるときに腰痛になった場合は矯正で改善することも多いです。
ただし痛みの場所に熱感を感じる場合は早めに整形外科を受診してください。慢性的な痛みがあり病院でも原因不明なら、矯正や腸もみで改善することがかなり多いです。
一生腰痛と共にしていく生活を避けるためにも、慢性的な痛みや腰に違和感を覚えたら当店へお気軽にご相談ください。

大阪市北区梅田に所在する当店では、腰痛はもちろん、肩こり、股関節痛、下痢、生理痛など、身体のあらゆる痛みや悩みに対応した施術を行っています。女性の施術者を希望でしたら指名もできますので女性お一人でも安心して通うことができます。西梅田駅より徒歩5分の場所にあり、当日予約も受け付けておりますので、身体に痛みや不安を抱えている方は、当店の施術を受けてみてください。

 

 

06-6345-5116メールでお問合せ
06-6345-5116メールでお問合せ

   住所:
   大阪市北区梅田1-2-2大阪駅前第二ビル地下1階フロア東側
   最寄り駅:
   北新地駅より徒歩2分 大阪駅より徒歩7分 梅田駅より徒歩7分

詳しくはこちら
TOPへ